女性とチャットでツーショット

女性と上手くお話のできない方でも、ライブチャットでのツーショットなら上手くいくかもしれませんよ。 - 望みが叶わないからといって

望みが叶わないからといって

ライブチャットを楽しむためには、こちらの目的が絶対に達成できるわけではないということを前提に利用すべきでしょう。
こいれはライブチャットのみならず、出会い系サイトでもSNSなどでも同じなのですが、これを使えば絶対に自分の目的を果たすことが出来るといった思い込みはしない方が良いということです。
相手があり、自分があるという前提がありますから、他人が成功しているからといって、自分も同じように目的を達成できるわけではないですし、その逆も然りなのです。
現代の男女は、あまりに100か0かで判断をしすぎな傾向があります。
失敗してしまうことも含めて楽しむことが大事ですね。

それぞれの許容範囲が違うこと

こちらは利用料金を支払っているからと、相手の女性にあまりに自分の望みを満たすことを要求することは、やめておきましょう。
もっとこうして欲しいだとか、こんなことをして欲しいという欲求はあるでしょう。
しかしながら、相手も相手なりの価値観や許容範囲というものを持っている人間であるということ。
無理なものは無理なのです。
いくら好き同士の恋人同士でも、どんなアブノーマルなセックスも許してくれるかと言えばそうではないでしょう。
それと同じなのです。

許容範囲や価値観を想像するドキドキ感

自分が望むことを満たしてくれるだとか、同じ価値観や許容範囲を持っている女性なのかどうかというのを想像したり、探るといったアクションもライブチャットの楽しみであることを忘れないようにしましょう。

関連する記事

次の記事: を読む »